お母様の声

私は、褒めることの大切さを教わりました。先生は毎回のレッスンで、何か褒めてくださいます。習いはじめて間もないころ「今、できていることの中で毎日褒めてくださいね。」と先生からお話いただきました。何か褒めるところを見つけようと、お稽古の時間に真剣に探すようになり、子どもと向き合うことで欠点ではなく、いいところを見つけられるようになりました。
子どもは、先生に褒めていただくことと毎日の繰り返しのお稽古で、自分に自信がついてきたように思います。目標に向かってあきらめずに頑張ることが出来るようになりつつあります。一歩一歩進んでいく子どもを見守りながら、これからもバイオリンを通して楽しい時間を過ごしていきたいと思っています。


もし「スズキ・メソード」に出会っていなかったら…と想像すると…私は、子育てに不安を抱いたまま、様々に流される情報に翻弄されるばかりで、子供と真剣に向き合うことなく日々が過ぎてしまったであろうと思います。それは、取り返しのつかないことだったかもしれません。
幸い、スズキ・メソードでバイオリンを習うことができ、親子で毎日お稽古を続けることで、子供も、親も、継続の大切さを身をもって知ることができました。バイオリンを通して、人間としての幹の部分を育てて頂いているというのが実感です。


バイオリンが弾けるようになったことで、子どもが自信を持てたようで、1曲ずつ弾ける曲が増えることを楽しんでいるようです。
先生は、いつもしっかり子どもと向き合ってくれて、どんなに小さなことでもできるようになったことを褒めてくれるので、レッスンを楽しみに通っています。
あとは、バイオリンのレッスンに通わせるだけで、弾けるようにはならないということを認識したのと、子どもに何かをさせて、それを続けるということは、親の姿勢も問われているんだと感じました。
本人が「やってみたい!」という気持ちになってから始めましたが、子どものやりたいと思う気持ちを大切にすることと、継続することも大事ということを、親もしっかり踏まえて子どもに接することが大切だと思いました。バイオリンを始めたことで、親が子どもにどのように関わって行けば良いかなど、勉強になることが多かったです。また、一つのことに一生懸命取り組むと出来るんだということを、子どもに経験させることができたので、今後、子どもが成長していく過程においてもプラスになるのではと思っています。


子供を育てるときは、いつも笑顔で…わが子が生まれてからずっとそう心がけていたはずですが、子育てを始めて何年か経ち、ふと気づくと頭にツノを生やした自分がいたことも。そのような中、下の娘がスズキ・メソードでバイオリンを習い始め、母娘一緒のとても幸せで楽しい毎日が始まりました。しかし、思ったように家でのお稽古が進む日ばかりではありません。そんな時、「子供の成長を見守る。新しいことは少しずつにしてとにかく待つ!」先生からこのような言葉をかけていただいて、はっといたしました。無意識のうちに、私は子供に対して即時的な成果を求めていたことに気づいたのです。そして、「母娘の間で何かうまくことが運んでいないときは、必ず親のほうに理由があるはず」とお話いただいたこともありました。
それ以来、わたくしは初めて、自分を省みることをするようになりました。それまでは、小さいわが子と親であるわたくしのあいだにおいて、自分のほうに非がある可能性などは、露ほどにもあろうとは思ったことがなかったのです。どちらも、自分自身が完全な人間であるなどとは思っていなくても、いつの間にか自分自身の価値観を中心に生きてしまっている、そんな状態に気づく機会を与えて下さった大切な言葉として折に触れて思い出しているものです。
いつの時代にもどのような関係においても真理は変わらない、そのような中で先生やほかのお友達、ご両親さまに見守っていただきながら子供を育てていける環境にとても感謝いたしております。これからも、子供の成長とともに自分自身も一人の人間として成長する事ができましたら、本当に嬉しいことと存じます。


メールでのお問い合わせはこちら   suzukimethod.sapporo@gmail.com